Fork me on GitHub

役立ちぬ開発史、それはただのブログ

覚えておくといい、ブログの時代は終わる。いつかその内、きっとたぶん…

OctopressをGitHubへインストール、Bitbucketでsource管理

| Comments

せっかくOctopressでブログを作ったので、実際に行ったOctopressのインストールを記録しておきます。
Octopressの公式サイト:http://octopress.org/

Octopressのインストール

  • 用意するもの
    • Git
    • Githubアカウント
    • Ruby 1.9.3
    • Bitbucketアカウント

どれか1つでも無い人は、以下の手順で用意してください。

  • Gitをインストールしていない人は、「Gitのインストール」を参考にする。
  • GitHubアカウントは、GitHub.comに登録する。無料ので構いません。
  • Ruby 1.9.3をインストールする方法。
  • Bitbucketアカウントは、Bitbucketに登録する。

用意出来たら、まずGitHubに行き、リポジトリを作成します。 リポジトリ名は、「自分のユーザー名.github.io」にしてください。 この自分のユーザー名には、GitHubのユーザー名を入れます。 次に、GitHubのOctopressリポジトリから、最新のOctopressのソースコードを取ってきます。

1
git clone git@github.com:imathis/octopress.git 自分のユーザー名.github.io

bundlerとGemfile内のgemのインストールします。 bundle installをすると、足りないものがあるとgem installを要求してくるので、それは全てインストールします。 rake installする際に、Gemfileに書かれているバージョンより新しいor古いバージョンを持っているとインストールできません。 その時は、bundle execコマンドを使います。

1
2
3
4
5
6
cd username.github.io
gem install bundler
bundle install
rake install
または、
bundle exec rake install

このrake setup_github_pagesで、デプロイするGitHubリポジトリURLなどの情報を設定します。 先ほどbundle execを使わないとダメだった場合は、これからずっと使います。

1
2
3
4
rake setup_github_pages
または、
bundle exec rake setup_github_pages
Enter the read/write url for your repository: git@github.com: ユーザー名/ユーザー名.github.com.git

次にBitbucketに行き、右上にある「Create repository」ボタン。または、上のタブにある「作成」ボタンからプライベートでリポジトリを作成します。
リポジトリを作ったら、ローカルにあるGitリポジトリをbitbucketに入れます。

1
git remote add bitbucket git@bitbucket.org:ユーザー名/ユーザー名.github.io.git

記事の新規投稿をするには、以下のコマンドを実行します。
ここの「posttitlename」は英語で書きます。 日本語は、この後で設定します。

1
2
3
rake new_post['post_title_name']
または、
bundle exec rake new_post['post_title_name']

zshを使用している場合は、こうです。

1
2
3
rake new_post\['post_title'\]
または、
bundle exec rake new_post\['post_title'\]

実行すると、source/post/YYYY-MM-DD-posttitle_name.markdownというファイルができます。
これの中身を編集することで、タイトルを日本語に変えれます。

1
2
3
4
5
6
7
---
layout: post
title: "post_title_name"
date: YYYY-MM-DD hh:m
comments: true
categories: [category1, ...]
---

以下のコマンドを実行して、http://localhost:4000にアクセスすると、編集した記事を見れます。

1
2
3
rake preview
または、
bundle exec rake preview

preview以外にもrackup --port 4000などがあり、「Octopressでのプレビュー方法」にそれぞれの特徴も書いたまとめがあります。

記事をアップするには、GitHub Pagesにdeployします。

1
2
3
4
5
rake generate
rake deploy
または、
bundle exec rake generate
bundle exec rake deploy

2つを上を一気に実行する場合は、

1
2
3
rake gen_deploy
または、
bundle exec rake gen_deploy

ソースコードの管理は、Bitbucketで行うようにPushをします。

1
2
3
git add -A
git commit "add post"
git push -u bitbucket source

bitbuketを指定したら、次からはgit pushだけでBitbucketに送れます。

おわりに

今回は、GitHubにユーザーページをBitbucketにプロジェクトページと、リポジトリを分けて管理しています。しかし、「Deploying to Github Pages」では、統合することを推奨しています。

統合するデメリットについて、「Octopressのインストールから運用管理まで」の「7. サイトの運用管理」を参考にして、分けることにしました。

参考先:

Comments