Fork me on GitHub

役立ちぬ開発史、それはただのブログ

覚えておくといい、ブログの時代は終わる。いつかその内、きっとたぶん…

Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver/Gold Ver 2.1をとったよ!

| Comments

Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver/Gold Ver 2.1を取得するまでの勉強法

 Rubyに思い出があり、なにか形に残そうと思い、Ruby Association Certified Ruby Programmer Silver/Gold Ver 2.1を取得しました。

Silverを取得したときの勉強法

 公式問題集のSilverの範囲を一通り読む。そのあと、後ろの模擬問題集を解く。間違えた問題付近のところをもう一度読みなおして覚える。模擬問題が満点になるまで繰り返す。
 公式サイトの模擬問題も満点になるまで解く。ミニツクは内容が古いので、問題文を実行しながら1回説いた。模擬問題ができていれば、古いがミニツクをあまり間違えないで済む。
 模擬問題が満点で、自信がついたら、後はテストを受けるだけ。取得までの期間は、2週間いかない程度でした。  模擬問題が満点で、自信がついたら、後はテストを受けるだけ。取得までの期間は、2週間いかない程度でした。

Goldを取得したときの勉強法

 公式問題集だけじゃGoldは難しい!といううか、範囲外の内容を聞かれる。
 そのために、メタプログラミングRubyは読むべし!これで、Rubyについての知識を深めて、内容を理解していないと取得できなかった。

 また、Gold取るときには、「Ruby Programmer 認定試験 Gold/Silverの取り方おすすめコース」がすごく参考になりました。
 ここのリンクに書かれていることは一通り見て、頭で動きがわかるまでになっていると基礎が固まると思います。
 取得までの期間は、Silverをとってから3週間いかない程度でした。

取得してみて

 今まで無意識に使っていたものが、実はメタプログラミングだったりとか、曖昧だったRubyの知識が確かなものとなり、自分のコードに自身が持てるようになりました。
 短期間で体系的に学ぶには資格を取得するのは良いのかもしれません。

Comments